トップページ > 中小企業家同友会とは
中小企業同友会とは?
同友会3つの目的
よい会社をつくる

同友会は、ひろく会員の経験と知識を交流して企業の自主的近代化と強靱な経営体質をつくることをめざします。

すぐれた経営者をめざす

同友会は、中小企業家が自主的な努力によって、相互に資質を高め知識を吸収し、 これからの経営者に 要求される総合的な能力を身につけることをめざします。

よりよい経営環境をつくる

同友会は、他の中小企業団体とも提携して、中小企業をとりまく社会・経済・政治的な 環境を改善し 中小企業の経営を守り安定させ、日本経済の自主的平和的な繁栄をめざします。

同友会の考え方 自主・民主・連帯

自主とは、会の主人公が会員自身であり、自主的な参加が尊重されること。 また、同友会が外部のどのような 団体や政党、資本から干渉されない独立した組織であることです。
民主とは、「ボス」の存在がなく、思想・信条や経営規模・年齢などによる差別をしないこと。
かつ、会員一人 ひとりの声を大切にし、民主的討論の過程を重視することです。
連帯とは、同友会が知り合い、学びあい、高めあう経営者の「道場」であり、 人間的信頼に基づく仲間づくりの会であることです。 この考え方を経営にも活かすことが、21世紀に向かうの経営者にも求められています。
自主に深く根ざす「自助努力」を基本に、健全で旺盛な企業家精神をはぐくむこと。
民主の深い意味である平等な人間観を曇らせることなく、謙虚に学ぶ姿勢を持ちながら 社員と「共に育つ」 ことを実行すること。
連帯の意義である人間的信頼関係にたち、あてにしあてにされる関係をより高い次元のものに磨き上げていくこと。私たちは、このような経営者像をめざしています。

新設グループ
女性グループ

豊かな国民生活の実現に貢献するものであり、企業活動が理念と実践の上で反国民的であってはならないということです。かつて第一次オイルショックによる人為的な物不足により、日本国中が騒然としていたとき、中小企業家同友会全国協議会はいち早く「私たちは、便乗値上げ売りおしみ等の悪徳商人にはならない」との声明を発表(1974年、第4回中小企業問題全国研究集会)したことは、私たちの経営の基本姿勢を表明したものです。

ITグループ

中小企業はすぐれた製品やサービスを提供し、人々の暮らしの向上と地域経済の繁栄を保障するという社会的使命を負っています。地域と深いかかわりを持つ中小企業の発展は、雇用の創造の面でも、個性ある地域づくりの点でも大きな役割を果たしており、それだけに社会的責任も大きいものがあります。この社会的使命感と責任感こそ大切にしたいと考えます。

ITグループ

地域は今さまざまな問題をかかえています。私たちはそれぞれの地域において地域経済のバランスのとれた活性化に中小企業家の立場から提言し、かつ自治体や地域の人々と共に地域おこし、まちづくりに行動することが必要と考えています。

同友会中京支部へのお問い合わせ
  • 会員募集
  • 女性経営者の方
  • 新規起業の方
  • 交流を求める方
  • お悩みの方
  • 新入会員さん紹介
  • 活動スケジュール
  • 行事・イベント紹介
  • コラム
  • 動画紹介
中小企業家同友会 DOYU NET